国土交通省所管事業「平成29年度先駆的空き家対策モデル事業」の活動成果報告

国土交通省所管事業「平成29年度先駆的空き家対策モデル事業」の活動成果報告 

事業報告書はこちらをクリック
事業報告スライドはこちらをクリック

画像をクリックするとパンフレットが表示されます。

青年会活動報告 - 東日本大震災 岩手県宮古市仮設住宅相談会

東日本大震災 岩手県宮古市仮設住宅相談会

カテゴリ : 
相談会
執筆 : 
kouhou 2012-8-19 10:09

東日本大震災 岩手県宮古市仮設住宅相談会
 
 
 

平成24年7月14日、15日で、岩手県宮古市の仮設住宅を回る相談会
 に司法書士4名で参加して参りました。 
 
 
 
 
【当日のスケジュール】
 
7月14日 10:00〜12:00 仮設住宅 柄蠱眠顱
                  13:00〜15:00 仮設住宅◆柄蠱眠顱
                  15:00〜17:30 被災状況の視察
 7月15日 10:00〜12:00 仮設住宅〜ァ文擁緬問)
 
 
 
【結果報告】  
 
仮設住宅
 
仮設住宅内の談話室にて相談ブースを設置して相談者を迎えました。
 法律相談ではありませんでしたが、男性1名のお話を伺うことができました。
  
 

仮設住宅 
 
個別相談を予定していましたが、談話室には7〜8名の被災者がすでに待機しており、
 「みんなで一緒に話を聞きたい」との要望がありましたので、座談会のようなスタイルで
 お話をお聞きしました。
 
 

仮設住宅〜ァ複夏目) 
 
 
仮設住宅3カ所を回り、談話室でなく個別に仮設住宅の戸をたたいて
       何か相談事はないかを尋ね、相談電話番号を告知しました。
 
お話をお聞きできたのは2件でした。


 

 

【相談を終えて】
 
仮設住宅ごとで、仮設住宅内のネットワークやコミュニケーションの程度は
 様々であるという印象でした。 
 
仮設住宅,任禄嗣影瓜里硫駭辰筌灰潺絅縫院璽轡腑鵑呂曚箸鵑匹覆い箸いΔ話でした。
 
逆に仮設住宅△任蓮談話室を多くの住民が利用し、
 住民同士で頻繁にコミュニケーションを取られていて、皆さん明るい印象でした。  
 
前者は単身世帯が多く、後者は複数世帯が多いというお話をお聞きしたので、
 そうしたことが影響しているのかもしれません。  
 
仮設住宅〜イ任蓮⇔拈椶垢訐ぢ咾箸隆愀犬鮨看曚垢訌蠱未鬚受けしました。  
 
仮設住宅を回る ことで自分たちがどれだけ被災者の方々の力になれたかはわかりませんが、
 声をお聞きして悩みや心配事をはき出してもらうだけでも
 他の人とのつながりを感じ取っていただけることの手助けになるのではないかと感じました。

 

   ←仮設住宅の談話室です

 ←海岸は津波の被害で漁船が山積みにされていました

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fukuoka-seinenkai.org/modules/d3blog_3/tb.php/68

メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


事務局

〒833-0005

福岡県筑後市大字長浜2046番地3 大藪Gビル1階


司法書士 澤 和宏

TEL 0942-65-4512

FAX 0942-65-4513

 

カテゴリ一覧

青年会活動報告