• カテゴリ 相談会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

青年会活動報告 - 相談会カテゴリのエントリ

福岡県青年司法書士協議会は、労働基準法や労働者派遣法の改正案が審議される等、労働者を取り巻く環境が変化しつつある中、平成27年5月30日(土)、労働者の権利擁護に資することを目的として、『労働者のための職場のトラブル110番』を開催致しました。当日寄せられた相談内容は多岐に亘り、様々な労働問題が多く存在することが改めて浮彫りになりました。福岡県青年司法書士協議会は、今後も引き続き平日の夜間(毎週月曜日から金曜日の午後6時から午後8時。年末年始・祝日を除きます。)に無料で労働電話相談に応じています。労働問題でお困りの方は常設の電話番号(092-724-9505)までお気軽にご相談下さい。

 

 

【労働者のための職場のトラブル110番の結果の概要】

1 日時 平成27年5月30日(土)午前10時〜午後8時

2 相談件数35件

(主な相談内容)

・他の人は定年退職後、再雇用されているのに、自分だけが再雇用されなかった。

・息子がサービス残業で悩んでいる。残業代を請求しようとは思わないが、改善を求めたい。

・有給が全く取れない。病気で休んでも他の日に出勤を命じられる。

・雇用期間1年の雇用契約を更新してきたが、今回の更新時に一方的に雇用期間を6カ月に変更されてしまった。

・上司からパワハラを受けている。上司の上司は相談には応じてくれるものの、改善のための対応を採ってくれない。

・退職後、会社が退職証明書・社会保険の資格喪失証明書を交付してくれない。離職票も交付されない。

3 相談員 16名

福岡県青年司法書士協議会は、昨年の平成26年12月20日(土)、少しでも労働問題で悩みを抱えている方のお役に立てればと思い、全国一斉労働トラブル110番を全国青年司法書士協議会と共催致しました。当日寄せられた相談内容は多岐に亘り、労働者の方が様々な悩みを抱えながら日々の仕事に励んでいることを改めて認識しました。福岡県青年司法書士協議会は、今後も引き続き平日の夜間に無料で労働電話相談に応じています。労働問題でお困りの方は常設の電話番号(平日18時〜20時 092-724-9505)までお気軽にご相談下さい。

 

 

【全国一斉労働トラブル110番の結果の概要】

1 日時 平成26年12月20日(土)午前10時〜午後5時

2 相談件数28

(主な相談内容)

・会社を辞めたくても辞めさせてもらえない。

・長時間働いても適正な残業代が支払われない。

・労災の手続に会社が協力してくれないため、給付を受けられない。

・会社に損害を与えたとして給料から損害賠償が天引きされている。

・うつ病にり患したものの、労災の手続に会社が非協力的なケース、あるいは適切な対応をしてくれないまま自殺に至ったというケース。

・いじめ・嫌がらせ等職場環境が悪く精神的に辛い。

・病気や妊娠を理由に休みを取ったら、復帰後退職や労働条件の切下げを迫られた。

3 相談員 15

11月24日(月)、「悪質エステ契約トラブル110番」を開催し、下記のとおり相談を受けました。

今回の電話相談会は、悪質な勧誘によって強引にエステの契約を締結させていた業者が特定商取引法違反で逮捕されたことを受けて開催したものですが、逮捕業者以外にも同じような手口によって契約を締結させている業者の存在が浮き彫りになりました。また、一定のエステティックサービスにおいて中途解約が可能であることを知らない契約者が多く存在するということが分かりました。

無料体験を装った強引な勧誘等で契約を締結させる行為は特定商取引法で規制されているにもかかわらず、繁華街等において、特に若い女性をターゲットにし、支払困難な契約を締結させている事例は多く存在します。このようなケースでは、たとえ一度してしまった契約でも、解除をすることで契約がなかったことにできる場合もあります。

当会では、しなくていい契約を締結させられてしまった方々の相談を始め、このような悪質な業者の被害に遭われた方の相談に応じ、問題解決に尽力していきたいと思います。お悩みの方は、常設の電話相談(092-724-9505)までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

【概要】

 1.日 時 平成26年11月24日(月)午前10時〜午後4時

 2.相談件数 7件

  (相談内容)

・強引な勧誘で契約してしまったが解約したい 3件

・回数が残っているのに店舗が閉鎖になった  1件

・逮捕業者との契約について                2件

・その他                              1件

   3.相談員 11名

 

以上

司法書士による無料法律相談会in小郡市 開催報告

                  リーガル・カウンセリング実践委員会(相談)

 8月23日(土)、小郡市総合保健福祉センター「あすてらす」にて司法書士による無料法律相談会を開催いたしました。福岡県司法書士会筑後支部との共催ということで、小郡市近隣の司法書士と2人一組で相談を受けました。予約制の相談会ではなかったのですが、法人の設立登記に関する相談など全部で7件の相談が寄せられました。「問題解決の目処がついた」「話を聞いてもらってよかった」との声もいただくことができ、少しでもお力になれたことを嬉しく思います。今後とも県下各地で、地理的・経済的に司法アクセスが困難な市民のニーズに応えるべく、きめ細かい、より充実した法律相談会を行なっていきます。

・相続が発生したけど、不動産の名義変更は必要なの?
・遺言書について知りたい!
・遺産の中に多額の借金が…
・両親のために成年後見制度を利用したいけど、どうしたら?
・貸したお金を返してほしい!
・物損事故で相手方ともめているんだよなぁ…    など

お困りなことはございませんか?秘密は固く守られます。
最寄りの市町村での開催をご希望の方は、当会までぜひご連絡ください。

                    記

1.日  時  平成26年 8月23日(土) 午前10時00分〜午後1時00分
2.場  所  小郡市総合保健福祉センター「あすてらす」(小郡市二森1167−1)
3.相談件数  7件
4.相 談 員  6名

司法書士による無料法律相談会in添田町オークホール 参加報告


 


リーガル・カウンセリング実践委員会(相談)


 


 6月14日(土)、添田町オークホールで開催された福岡県司法書士会筑豊支部主催の司法書士による無料法律相談会に、当会会員1名を派遣いたしました。美しい山々と田園に囲まれた場所に位置するこの施設は、憩いの場として当日も多くの方々が利用されていました。施設で飼っているのか、首輪をつけた猫も施設内を歩いていました。


相談会では、相続や離婚に関する相談など、7件の相談が寄せられました。今後とも県下各地で、地理的・経済的に司法アクセスが困難な市民のニーズに応えるべく、きめ細かい、より充実した法律相談会を行なっていきます。


 


・相続が発生したけど、不動産の名義変更は必要なの?


・遺言書について知りたい!


・遺産の中に多額の借金が…


・両親のために成年後見制度を利用したいけど、どうしたら?


・貸したお金を返してほしい!


・物損事故で相手方ともめているんだよなぁ…    など


 


お困りなことはございませんか?秘密は固く守られます。


最寄りの市町村での開催をご希望の方は、当会までぜひご連絡ください。


 


                    記


 


1.日  時  平成26年 6月14日(土) 午前10時00分〜午後1時00分


2.場  所  添田町オークホール(添田町大字庄952)


3.相談件数  7件


4.相 員  2名


 


 

「空き家トラブル110番」開催報告

カテゴリ : 
相談会
執筆 : 
kouhou 2014-5-18 21:00
「空き家トラブル110番」開催報告
                               司法書士制度等研究対策委員会


みなさんこんにちは。
近年、全国的に人が住まなくなってしまった「空き家」が急激に増えてきていることはご存知でしょうか?最近ではニュースや新聞で「空き家問題」が取り上げられることも多くなってきました。この問題は今後ますます深刻化していくことが予想されています。

私たち司法書士は、不動産に関する法律の専門家として、市民の皆様と関わってまいりましたので、日常業務でこの「空き家問題」に触れることもしばしばあります。
当会では、この空き家問題の現状を考察し、司法書士が解決の一助となれるよう研究を続けています。

この度は、市民の皆様の声を直接お聞きする機会を設けたいとの思いから、「空き家トラブル110番」と題し、電話相談会を実施いたしました。当日は、開始時間前から電話がなり、結果的に21件という多くの相談を受けました。相談内容は、単に売却したい、相続の手続きはどのようにすれば良いのか、といったものから、もう少し相談を聞いて、慎重な判断が求められるもの等、様々でした。この問題に対する皆様の関心の高さを感じました。

当会では、引き続きこの空き家問題について研究を行い、「空き家問題と言えば司法書士へ」と言われるように今後も努力していきたいと考えています。

           記
日  時  平成26年5月18日(日)10:00〜16:00
場  所  福岡県司法書士会館
相 談 員  17名
相談件数  21件
司法書士による無料法律相談会in筑前町 開催報告
リーガル・カウンセリング実践委員会(相談)

 4月19日(土)、めくばーる学習館にて司法書士による無料法律相談会を開催いたしました。筑前町には現在、司法書士事務所がないゼロワン地域と呼ばれる司法過疎地です。福岡県青年司法書士協議会は、そのような地域に赴いて、無料にて法律相談を受ける活動を1998年より行なっています。残念ながら今回、相談は寄せられませんでしたが、今後とも県下各地で、地理的・経済的に司法アクセスが困難な市民のニーズに応えるべく、きめ細かい、より充実した法律相談会を行なっていきます。

・相続が発生したけど、不動産の名義変更は必要なの?
・遺言書について知りたい!
・遺産の中に多額の借金が…
・両親のために成年後見制度を利用したいけど、どうしたら?
・貸したお金を返してほしい!
・物損事故で相手方ともめているんだよなぁ…    など

お困りなことはございませんか?秘密は固く守られます。
最寄りの市町村での開催をご希望の方は、当会までぜひご連絡ください。

                    記
(概要)
1.日 時  平成26年 4月19日(土) 午前10時00分〜午後1時00分
2.場 所  めくばーる学習館(福岡県朝倉郡筑前町久光951−1)
3.相談員  6名
全国青年司法書士協議会主催「生活保護緊急110番」参加報告
人権擁護委員会

 平成26年4月27日(日)午前10時から午後4時まで、全国青年司法書士協議会主催で「生活保護緊急110番〜生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS〜」が開催され、福岡県青年司法書士協議会は、福岡会場として本相談会に参加しました。
 本相談会の開催趣旨は、下記のとおりです。
(1) 本年4月に実施された生活保護基準の引き下げ及び消費税増税による生活保護受
給者の不安の声に耳を傾け、不服申立ての手続き(審査請求、再審査請求)等の情報提供、不服申立てサポート等の支援を行う。
(2) 経済的困窮者を対象に、生活保護制度に関する正確な情報の提供及び要対応ケース
について福祉事務所等への同行支援を行う。
 当日、福岡会場では電話回線4回線、14名の相談員体制で電話相談に対応しましたが、各新聞、テレビニュースによる報道の効果もあり、相談会開始当初から最後まで電話が鳴り止まない状態が続きました。本相談会では、「生活保護費が削られ生活が苦しい」「今後の生活が不安だ」「現在、低収入で生活に困っているが、生活保護の申請は可能か?」等の相談が寄せられ、相談件数は、生活保護を受給されている方からの相談が32件、受給されてない方からの相談が23件、合計55件にも上り、生活保護制度に関する相談需要が伸び続けていることを示す結果となりました。
 最後に、当日は電話が繋がらない状態が続き、多くの相談者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。福岡県青年司法書士協議会では、平日夜間(18:00〜20:00)にも生活保護に関する電話相談(電話番号:092−724−9505)を受け付けております。どのような些細なことでも結構ですので、是非ご利用下さい。
「26時間 司法書士による女性のための無料法律相談会」開催報告
人権擁護委員会

 平成26年4月26日(土)、27日(日)の2日間に渡り、「26時間 司法書士による女性のための無料法律相談会」を開催しました。
 本相談会は、社会的に弱い立場に立たされ易い女性を対象に、子育て中や夜間に働く女性など、夜中でなければ法的機関にアクセスすることができない女性にも支援の手を広げていくことを目的として開催されたものです。
 当日は、31名の相談員が交代制で対応し、電話相談22件、面談相談15件、合計で37件もの相談が寄せられました。福岡県内各地域の方から幅広く相談が寄せられ、相談者の方のご年齢も20代から70代までと様々でした。相談内容も離婚、DV、相続、借金問題、生活保護、悪質商法、金銭トラブル等様々で、その中には、相談を担当した司法書士が本相談会以降も相談を継続し、解決に向け具体的に動き出している案件もあります。
 人権擁護委員会では、今後も市民の権利擁護を目的とした各種相談会を、企画・開催する予定です。
司法書士による無料法律相談会inみやま市 開催報告

リーガル・カウンセリング実践委員会(相談)

 4月26日(土)、瀬高公民館にて司法書士による無料法律相談会を開催いたしました。福岡県司法書士会筑後支部との共催ということで、みやま市近隣の司法書士と2人一組で相談を受けました。相続に関する相談や、離婚についての相談、お金の貸し借りについての相談など、全部で9件の相談が寄せられました。「どこに相談していいか分からなかったから、相談できて本当に良かった」との声もいただくことができ、少しでもお力になれたことを嬉しく思います。今後とも県下各地で、地理的・経済的に司法アクセスが困難な市民のニーズに応えるべく、きめ細かい、より充実した法律相談会を行なっていきます。

・相続が発生したけど、不動産の名義変更は必要なの?
・遺言書について知りたい!
・遺産の中に多額の借金が…
・両親のために成年後見制度を利用したいけど、どうしたら?
・貸したお金を返してほしい!
・物損事故で相手方ともめているんだよなぁ…    など

お困りなことはございませんか?秘密は固く守られます。
最寄りの市町村での開催をご希望の方は、当会までぜひご連絡ください。

                    記

1.日  時  平成26年 4月26日(土) 午前10時00分〜午後1時00分
2.場  所  瀬高公民館(みやま市瀬高町下庄792−1)
3.相談件数  9件
4.相 談 員  6名

メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


事務局

〒810-0044

福岡市中央区六本松2-2-10-202

司法書士 藤田剛

TEL 

092-753-8438

FAX

092-753-8439

 

 

 

 

カテゴリ一覧

青年会活動報告