国土交通省所管事業「平成29年度先駆的空き家対策モデル事業」の活動成果報告

国土交通省所管事業「平成29年度先駆的空き家対策モデル事業」の活動成果報告 

事業報告書はこちらをクリック
事業報告スライドはこちらをクリック

画像をクリックするとパンフレットが表示されます。

  • カテゴリ セミナー の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

青年会活動報告 - セミナーカテゴリのエントリ

平成23年度第3回(通算23回)
 《『暮らしと仕事に役立つ法律セミナー』開催のご報告》
 福岡県青年司法書士協議会
巡回法律相談委員会
テーマ「もし交通事故にあったら」

交通事故は、「自分だけにはおこらないだろう」と思われている方も多いと思います。しかし、日本では一日1000件以上の交通事故が起きていますので、突然、被害者又は加害者になる可能性があります。万が一交通事故にあった場合の知識の提供を今回の図書館セミナーにおいてできたものと思います。
 次回は、「不動産取引のあれこれ」がテーマとなっております。不動産取引の注意点及びどのように司法書士が関わっているかをお伝えしたいと思います。


(1) 講義
講師  花 田  亨     
1 はじめに
2 物損事故による損害の回復
  (1)任意保険の利用
  (2)示談交渉
  (3)紛争処理機関の利用
  (4)訴訟
3 損害額の認定
4 過失相殺

(2)参加人数  合計30名 


(3)アンケート結果(回収:13枚)
.札潺福室講の感想 → 
大変参考になった:7、参考になった:6
           あまり参考にならなかった:0、参考にならなかった:0


 感想や意見
・大変わかりやすかった。ありがとうございました。
・年間のセミナー回数を増やしてほしいです。

今後取り上げて欲しい内容等
・行為能力制限について

 

平成23年度第2回(通算22回)
 《『暮らしと仕事に役立つ法律セミナー』開催のご報告》
福岡県青年司法書士協議会
巡回法律相談委員会
テーマ
「遺言のすすめ!〜意外と知らない遺言のちから〜」

今回のテーマは「遺言」ということで、前回のテーマである「相続」と関連の深いテーマであり、前回受講され、そのまま今回も参加していただいた方々が多いように思いました。
「遺言」を利用される方はまだまだ多いとはいえませんが、ご自身の最期の意思の表明という非常に重大かつ貴重な方法です。遺言書の書き方や注意点などは皆さまから質問が集中し、関心がとても高い部分であると感じました。
本講義を通して、少しでも多くの方々に「遺言のちから」を知ってもらい、有効に活用するようになっていただければ幸いです。


(1) 講義
前半 遺言の基礎知識            講師:眩辧〇以羯
     ・遺言書はなぜ必要?
     ・基本的な相続知識
     ・遺言書でできること
     ・遺言書をのこした方がよいケースとは?

後半 遺言書の作り方            講師:川久保 敬徳
     ・遺言書の種類とそれぞれの比較
     ・自筆証書遺言について
     ・公正証書遺言について
     ・秘密証書遺言について
     ・遺言の撤回・変更
     
(2)参加人数  合計27名 


(3)アンケート結果(回収:27枚)
.札潺福室講の感想 → 大変参考になった:11、参考になった:12
              あまり参考にならなかった:1、参考にならなかった:0

 感想や意見
・日頃案じていた相続遺言について、分かりやすく教えて頂き、よく理解できました。厚くお礼申し上げます。
・資料や説明など分かりやすくてよかった。
・知らないことがかなりあり、結構参考になります。
・司法書士経験が少ないと言われましたが、それを全然感じさせない堂々とした講義でした。話の流れもよく、大変わかりやすい内容でした。
・今までいただいたことのない詳しい資料ありがとうございました。
・難しかったので、理解できない部分が多かった。
・マイクの音が割れているようだった。もう少しはっきりした言葉で聞ければよかった。
・もっと詳しく聞きたかった。

今後取り上げて欲しい内容等
・マンション居住者が最低限知っておかねばならない「区分所有法」の基礎知識
・ビジネスマンが知っておきたい法律知識

(※)あくまでもアンケート結果であり、司法書士が業務として扱うことができないものも含みます。

 

 

平成23年度第1回(通算21回)

 《『暮らしと仕事に役立つ法律セミナー』開催のご報告》
                                                            福岡県青年司法書士協議会
                                                            巡回法律相談委員会
 
テーマ「よくわかる相続〜基本知識を身につけよう〜」
今回のテーマは相続ということで、皆さまの関心が非常に高かったと感じました。
会場が満員になるくらいまでご参加いただき、司法書士への質問も絶えることがなく、開催者として
非常にうれしく思いました。
相続人の範囲や相続分の説明、遺産分割協議のやり方や協議書の書き方の注意点など、実用的な
情報を分かりやすくお伝えできたのではないかと思います。
次回は、相続とセットでぜひ押さえていただきたい『遺言』がテーマです。
遺言の内容や遺言書の書き方など、皆様に知っていただきたい情報ばかりですので、ふるって
ご参加ください。
 
 
(1) 講義
前半 相続人の範囲と順位・相続分      講師:西村 直樹
     ・法定相続人とは?
     ・法定相続分とは?
 
後半 相続の承認と放棄・遺産分割協議    講師:丸尾 公彦
     ・相続の承認と放棄
     ・相続人の有無が不明な場合は?
     ・遺産分割協議とは?
     
(2)参加人数  合計36名 
 
 
(3)アンケート結果(回収:13枚)
.札潺福室講の感想 → 大変参考になった:13、参考になった:17
              あまり参考にならなかった:0、参考にならなかった:
 
  感想や意見
・次回のセミナーをぜひ受講したい。
・大変わかりやすいご指導で、本当にありがとうございました。
・講演だけでなく、個別相談が多少でもできるのが良い。
・当セミナーの件、今朝の新聞で初めて知りました。もっと広く宣伝して欲しい。
・短時間で概要を知ることができた。やっぱり講義を受けるのがよく分かる。
・前半の部では、「誰がどれだけ相続するのか」がよく分かりました。司法書士アクセスブックと
 照合して、ご説明をいただきましたので、理解が深まりました。相続に関するスケジュールが
 よくわかります。後半の部では、相続の承認と放棄と遺産分割協議について詳しくご説明
 いただき有難うございました。
・大変ためになりました。差し支えない「実例のお話」も聞ければよいと思いますが。
・総合的に知識を取り入れていこうと思います。ありがとうございました。
 
 今後取り上げて欲しい内容等
・保険についてのセミナー
・商法
(※)あくまでもアンケート結果であり、司法書士が業務として扱うことができないものも含みます
 
 

 

 

平成22年度第7回(通算20回)
 《『暮らしと仕事に役立つ法律セミナー』開催のご報告》
                                                         福岡県青年司法書士協議会
                                                         巡回法律相談委員会
 
テーマ「実録!賃貸トラブル〜解決・予防の手引き〜」
皆様のご協力により、『暮らしと仕事に役立つ法律セミナー』も通算20回を迎えることができました。
今回は、引っ越しシーズンということも考慮して、敷金や原状回復、更新料などといったマンション・アパートの
賃貸トラブルについてのセミナーを行いました。身近なお住いの問題ということもあってか、参加者の方々から
たくさんの質問を頂き、この問題に対する皆様の関心の高さを実感いたしました。
 
次回からは年度が変わって平成23年度となります。
次年度も引き続き本セミナーを開催していきますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
 
(1) 講義
第一部 敷金について            講師:河野 智子
     ・敷金が返ってこない!
     ・なぜこんなに差し引かれるの?
     ・敷金返還の交渉のやり方は?
 
第二部 賃貸住宅にまつわる様々な問題    講師:稲毛 翔平
     第1問 更新料
     第2問 賃料増額請求
     第3問 追い出し行為
     
(2)参加人数  合計13名 
 
 
(3)アンケート結果(回収:13枚)
.札潺福室講の感想 → 大変参考になった:10 、参考になった:
              あまり参考にならなかった:0、参考にならなかった:
 
 感想や意見
・部屋を借りているので大変役に立ちました。
・大学生の時、敷金(家賃3か月分)が全額敷引きされて、敷金・家賃に関して勉強しようと思いました。
 こういったセミナーが近くで開催されたのでよかったと思います。
・敷金トラブル等大変役に立ちました。
・日常生活に大変役立つ内容を分かりやすく説明してくれるのでありがたいです。
・いつもありがとうございます。第二部の問答形式では、ヒントの部分も会場の人に応えて
 もらったらどうでしょうか?
 
今後取り上げて欲しい内容等
・確定申告 (50代)
・ビジネスマンが最低身に付けておきたい法律知識。契約・債権回収など。(60代)
・家主からの退去請求について

 

平成22年度第6回(通算19回)
 《『暮らしと仕事に役立つ法律セミナー』開催のご報告》
                                               福岡県青年司法書士協議会
                                               巡回法律相談委員会
テーマ「日常生活に身近な法律問題セレクション」
 今回は、受講者参加型というこれまでにないスタイルでのセミナーを行いました。
日常で起こりそうなトラブルについて、法律的にどのような結果となるか、A意見とB意見の
ふたつの意見を提示し、それについて受講者の方々がどちらに賛成かお聞きする、という
手順で合計9個の問題をお送りしました。
 このようなスタイルでのセミナーについて、受講者の方々からは、
      「分かりやすかった」
      「面白かった」
      「楽しく参加できた」
などの声を頂きました。これからもこのような形式でのセミナーを企画していきたいと
思いますので、その際はぜひご参加ください。
 
PDF版はこちら  →  【開催報告
 
(1) セミナー
第1問        「インターネットのワンクリック詐欺」
第2問        「クレジットカード会社から身に覚えのない請求がきた」
第3問        「子どもに勝手に借金の保証人にされてしまった」
第4問        「亡くなった父が借金の保証人だった」
第5問        「飼い犬が近所の犬に噛みつかれた」
第6問        「自転車で歩行者にぶつかりけがをさせてしまった」
第7問        「夫がギャンブルで大きな借金を作った」
第8問        「『養育費を請求しない』という離婚協議書の効力は?」
第9問        「子どもが同級生とケンカをして大けがをした」
 
司会進行  稲毛
出題者  中山・櫻井
解答者  葛谷・竹ノ内
解説者  大越・本田・井手
 
 
(2)参加人数  合計31 
 
  
(3)アンケート結果(回収:22枚)
.札潺福室講の感想 → 大変参考になった:16、参考になった:6
                   参考にならなかった:0 、無回答:0
感想や意見
・全体として分かりやすかった。
・NHKの番組のようで面白い。
・今回は参加型で非常に良かったと思います。
・今回のような形で、様々な問題を取り上げていただけたらと思います。
・身近な事例で大変わかりやすい説明で十分理解することが出来た。
・今回のセミナーをきっかけに法律関係にもっと興味を持てるようになればいいと思う。
・楽しく参加できてよかった。(考える時間があってよかった)
・初めて参加させていただきました。お勉強になりました。
・本日のセミナーも具体的で大変勉強になり、ありがとうございました。
・大変わかりやすかった。今後大変役に立つと思う。 
 
今後取り上げて欲しい内容等
・男女間のトラブル(40代)
・今後、相続について取り上げてほしい。(50代)
・消費者契約法などの(関係法を含めて)解説セミナーを企画していただければ幸いに存じます。(60代)
・最近急増している問題や、それに伴う法律相談など。(50代)
・労働法、短縮労働は法的に合っているのか。雇用契約違反かどうかの説明。(50代)

4@5l@4@11@9@11@9@5xe" o:preferrelative="t" o:spt="75" coordsize="21600,21600"> 

 

 

平成22年度第5回(通算18回)
 『暮らしと仕事に役立つ法律セミナー』開催のご報告
                                                                                                              福岡県青年司法書士協議会
                                                                                                               巡回法律相談委員会
 
「ビジネスパーソンが知って得する法律の基本知識」
 
   開催日時:平成22年11月27日(土)13001600
   開催場所:福岡県立図書館 別館2階研修室
 
PDF版はこちら →  PDF版報告
 
(1) 講義
                           前  半(担当:企業法務研究会)
 
第1部 会社の実務〜契約から代金回収まで〜  講師:小嶋美夏

     1 企業を取り巻く法律

  2 契約とは
  3 契約が守られなかったときに取ることができる手段
  4 知っておこう!手形の仕組み
 
第2講 会社とは                         講師:大幡則文

     1 株式会社

  2 会社と登記、登記簿の見方
  3 株式の種類
  4 有限会社
     
第3講 株式会社の役員                   講師:高島謙太郎

     1 株式会社の役員とは

  2 株式会社の機関
  3 代表取締役について
 

 

                                            後  半(担当:労働問題対策委員会)
 労働者も雇用主も必ず知っておきたい労働関係法の基本知識
  第1部 賃金編                      講師:稲毛翔平
  1 労働基準法と就業規則
  2 賃金(未払賃金、残業代、時間外・休日労働)
 
 
第2講 労働条件の引き下げ編          講師:竹之内恵子

     1 名ばかり管理職

  2 労働条件の引き下げ
 
     
第3講 退社編                     講師:渡邉安俊

     1 退職勧奨・退職強要

  2 自主退職(退職金)
 
 
(2)参加人数  合計36名 
 
 
 
(3)アンケート結果(回収:16枚)
.札潺福室講の感想 → 大変参考になった:7 、参考になった:
              参考にならなかった:0 、無回答:
感想や意見
・具体的事例を数多く導入され、大変参考になった。
6人の講師がそれぞれの持ち味で話していて、とてもよかったです。また参加し
たいと思いました。できれば、根拠条文等を示してくれるとよかったと思います。
・後半の労働関係は知らないことが多かったので大変勉強になった。
・具体的で分かりやすい。
・来年度もぜひこのセミナーを続けてほしい。
・会社の仕組み、労働条件の仕組みがよくわかった。
・第1部→もう少し事例を挙げてかみくだいた内容にしてほしい。
   第2部→身近な内容だったので、参考になりました。
   暮らしと仕事に役立つ法律セミナーを開催していただき、大変ありがたいと感謝
しています。
 
今後取り上げて欲しい内容等
・労働基準の基礎や会社の基礎が分かって参考になりました。商法の具体的な取引
の部分が分かるとよかったと思います。今日はありがとうございました。(30代)
・起業の仕方や、必要な知識などのセミナーがあると嬉しいです。(20代)

      児童養護施設・児童相談所 職員向け法律教室開催のご報告

人権擁護委員会

「テーマ:若者がおちいりやすい消費者トラブル、労働トラブル」

当会人権擁護委員会は、下記日程・内容で児童養護施設・児童相談所の職員を対象とした法律教室を開催してまいりました。今回開催した法律教室は、福岡筑豊地区の児童養護施設5施設及び児童相談所が合同で行う「平成22年度福岡筑豊地区合同研修会」の研修の一環として行ったもので、若者がおちいりやすい消費者トラブルや労働トラブルに関する内容について説明いたしました。

 法律教室の時間が2時間30分と長かったにも関わらず、皆さん、子ども達がトラブルにおちいらないようにと、最後まで熱心に耳を傾けておられました。

 法律教室終了後の質疑応答では、研修時間を過ぎてもなお質問をいただく状態でした。

 当会では、今後も児童養護施設の児童・職員を対象とした法律教室を開催していく予定です。本掲載を見て、興味をもたれた施設担当者の方がおられましたら、担当(花田 TEL 093−342−9733)までご連絡下さい。

<開催日時:>平成22年10月14日(木) 14時30分〜17時00分

<開催場所>直方いこいの村

<参加職員>24名(児童養護施設職員、児童相談所職員)

<参加司法書士>4名

<内 容> ・契約とは?

        ・クレジットカードの利用について

        ・消費者トラブルとクーリングオフについて

        ・賃貸トラブル

        ・雇用のルール、労働のルール  他

 

以 上

平成22年度第1回(通算14回)

 暮らしと仕事に役立つ法律セミナー開催のご報告
                                                                                                      福岡県青年司法書士協議会
                                                                                                       研修部 図書館セミナー班
 
  
テーマ「よくわかる相続〜基礎知識を身につけよう!〜」
 
 
(1) 講義内容
            今回で3回目を数えます「相続」についての基本知識。一般教養として知っておいて
            頂きたい内容について分かりやすくお話しました。質疑も活発にあり、参加者の真剣さが
            伝わってきました。皆さん有意義な時間を過ごせたようです。
 
 
第1講 相続の基本             講師:本田昇
 
     1 相続人の範囲と順位(誰が相続するのか?)
     2 相続分(どれだけ相続するのか?)
     3 相続の放棄と承認(どのように相続するか?)


第2講 遺産分割協議について      講師:中山浩一

     1 はじめに(遺産分割協議とは、協議は必要なのか)
     2 基本事項(いつまでに、誰が、どの遺産を、どのように)
     3 遺言の必要性(争続防止のため、希望を叶えるため)
 
(2)参加人数  合計37名 
 
(3)アンケート結果(回収:24枚)
.札潺福室講の感想 → 大変参考になった:14 、参考になった:10
              あまり参考にならなかった:0、参考にならなかった:
  感想や意見
・現在、司法書士の勉強をしていることもあり、今回のセミナーは大変勉強になりました。
 ありがとうございました。(30代)
 ・年間スケジュールを見ると、高齢化・死亡に伴うテーマが多くありますので、関係テーマに
  ぜひ出席したいと思います。(60代)
・このような法律セミナーがあっているとは知りませんでした。これからのセミナーも
 出席したいと思います。(60代)
・知らないこともわかって良かったです。(70代以上)
 
今後取り上げて欲しい内容等
・遺産分割協議の方法と文書作成について。(50代)
 ・具体的に解決する方法。(60代)
 ・税務(税法)セミナー。(60代)
 
(4)相談会結果
〜蠱盟反堯→ 9組(うち予約7組/予約総数8組)
  ∩蠱牝睛董→ 相続・遺言:9
 
(5)セミナー講師
 第1講義担当 本田昇
 
第2講義担当 中山浩一
 

 

 

平成21年度第6回(通算13回)

        法律セミナー開催のご報告

                                                                            福岡県青年司法書士協議会

                                                             研修部 図書館セミナー班

テーマ 「実録!賃貸トラブル〜解決・予防の手引き〜」
 
 
 
(1)講義内容
 賃貸トラブルに関する相談は増加傾向にあります。そこで、よく相談される事例(主に敷金)を中心に、貸主側も借主側も、
賃貸トラブルを未然に防ぐにはどんな情報を押さえておく必要があるのか、いざトラブルが発生した時にはどのように対処
すればよいのか、について説明しました。質疑応答も活発で、この分野について関心が高いことが窺えました。
 
第1部 総   論   講師:上戸小百合            
   司法書士がなぜ「賃貸トラブル」のセミナーをするのか
   賃貸トラブルに関する相談の増加
   敷金が戻ってこない!
 
第2部 事例で学ぼう  講師:柿木高紀
事例1【原状回復特約】 
事例2【敷引特約】
事例3【特別損耗】
 
第3部 トラブル防止のために  講師:川野秀美
   部屋を借りている方へ
   契約から入居前
   入居中
   退去時・退去後
   部屋を貸している方へ
 
(2)参加人数  合計34名 
 
(3)アンケートより(回収:29)
セミナー受講の感想 → 大変参考になった:16 、参考になった:13
              あまり参考にならなかった:0、参考にならなかった:0
感想や意見(抜粋)
・事例を挙げていただいて理解に役立った。(20代)
・以前の賃貸物件でトラブルになり、返金されなかったので、今回のセミナーの内容をよく理解して、トラブルにならない
 ようにしたいです。(30代)
・次回、部屋を借りる際に非常に参考になった。入居時のチェックリストは、ぜひ使ってみたいと思う。(20代)
・近々引っ越しの予定なので大変参考になりました。契約書はわかりにくいので、よく理解しないで契約するケースが多いと
 思うのですが、今後、充分理解・納得した上で契約しなければならないと思い知らされました。(40代)
今後取り上げて欲しい内容等
・自転車、歩行者のトラブル(50代)
・年金や身近な税金に関するセミナー(無回答)
・贈与の仕方について(50代)
・生命保険を使った相続税(50代)
・家主と不動産会社とのトラブル(60代)
 
 平成21年度第5回(通算12回目)

平成22年1月30日開催 


    暮らしと仕事に役立つ法律セミナーのご報告 

 

福岡県青年司法書士協議会

研修部 図書館セミナー班

 

テーマ 「労働問題セレクト〜こんな時どうすればいいの?〜」

 


メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


事務局

〒810-0044

福岡市中央区六本松2-2-10-202

司法書士 藤田剛

TEL 

092-753-8438

FAX

092-753-8439

 

 

 

 

カテゴリ一覧

青年会活動報告