青年会活動報告 - 201402のエントリ

原発事故被害全国一斉110番 結果報告

カテゴリ : 
相談会
執筆 : 
admin 2014-2-24 13:59


2/11(火・祝)に、原発事故被害全国一斉110番を開催致しました。
福島第一原発の事故発生から3年が経過しようとしています。
未だに多くの被害者が避難を余儀なくされているにもかかわらず、この問題に関する報道は減少し、あたかも事故がなかったかのように忘れ去られようとしています。
多くの避難者は、「帰宅・帰郷は可能なのか、いつになるのか」「戻っても、生活を再建することが可能なのか」という不安を抱きながら生活しています。
東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故に起因する避難者の数は、福島県内での避難者が9万人以上、県外への避難者が5万人以上いると言われ、福岡にも多くの方が避難しているものと思われます。
そこで、全国青年司法書士協議会が2/11に全国規模におけるこの問題に関する相談会を実施し、当会も福岡県内の相談者を対象としてこの相談会に参加しました。
当日は、全国で130件の相談が寄せられ、福岡でも3件の相談が寄せられました。
相談では、福島から避難しているが、東京電力の実施した損害賠償の内容や金額に納得がいかない、といった相談が寄せられました。
今後も全国青年司法書士協議会では、平日14:00〜18:00(TEL03−3359−3639)でこの問題を含む幅広い問題についての相談を司法書士が応じる電話相談を行っていますので、お気軽にご連絡下さい。

 

相談会の模様はテレビでも放映されました。
 

 暮らしと仕事に役立つ法律セミナー in 八幡西図書館 の結果報告

 
                              セミナー委員会
 
2月8日(土)に、北九州市立八幡西図書館にて第3回暮らしと仕事に役立つ法律セミナー開催ました。
今回のテーマは「実況!不動産取引の現場」と題しまして、登記簿の見方、登記の基礎、お金の流れと所有権移転の概要、司法書士の役割などを講義しました。
 
(概要)
1.日 時 平成26年2月8日(土) 13時00分〜16時00分
2.場 所 北九州市立 八幡西図書館 1階セミナールーム等
3.相談件数 5件
 
相談員 10名
 
 
この図書館セミナーは定期的に開催しており、セミナーの後には個別ブースにて相談も承っております(相談は予約制)
無料ですので、ぜひご利用ください。
 
次回八幡西図書館での開催予定は
平成26年3月15日(土)13時〜
テーマ:相続の基礎・遺言の作り方
 ・私はどれくらい相続できる?
 ・遺される家族のために・・
 ・遺言書の作り方

メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


事務局

 810-0014

福岡市中央区平尾2-15-26ベルコモンズ平尾 9F

平尾協同司法書士事務所

司法書士 藤田 剛

TEL  092-521-8585

FAX  092-521-8586

 

 

 

カテゴリ一覧

青年会活動報告