青年会活動報告 - 201508のエントリ

福岡県青年司法書士協議会は、労働基準法や労働者派遣法の改正案が審議される等、労働者を取り巻く環境が変化しつつある中、平成27年5月30日(土)、労働者の権利擁護に資することを目的として、『労働者のための職場のトラブル110番』を開催致しました。当日寄せられた相談内容は多岐に亘り、様々な労働問題が多く存在することが改めて浮彫りになりました。福岡県青年司法書士協議会は、今後も引き続き平日の夜間(毎週月曜日から金曜日の午後6時から午後8時。年末年始・祝日を除きます。)に無料で労働電話相談に応じています。労働問題でお困りの方は常設の電話番号(092-724-9505)までお気軽にご相談下さい。

 

 

【労働者のための職場のトラブル110番の結果の概要】

1 日時 平成27年5月30日(土)午前10時〜午後8時

2 相談件数35件

(主な相談内容)

・他の人は定年退職後、再雇用されているのに、自分だけが再雇用されなかった。

・息子がサービス残業で悩んでいる。残業代を請求しようとは思わないが、改善を求めたい。

・有給が全く取れない。病気で休んでも他の日に出勤を命じられる。

・雇用期間1年の雇用契約を更新してきたが、今回の更新時に一方的に雇用期間を6カ月に変更されてしまった。

・上司からパワハラを受けている。上司の上司は相談には応じてくれるものの、改善のための対応を採ってくれない。

・退職後、会社が退職証明書・社会保険の資格喪失証明書を交付してくれない。離職票も交付されない。

3 相談員 16名

             セミナー委員会

 

7月11日(土)に、北九州市立八幡西図書館にて暮らしと仕事に役立つ法律セミナーを開催しました。今回のテーマは、4月開催の門司のセミナーに引き続き、「相続・遺言の基礎」でした。

誰にでも必ず訪れる「相続」の問題。相続をとりまく基礎的な法律知識や、生前にできる、相続(争続)対策として最も有効な「遺言」の種類やその違いなどを講義させていただきました。

受講者の方からのアンケートでは、全ての方から「大変参考になった」「参考になった」をいただき、セミナー後の相談会も大盛況で、大変充実したセミナーになったのではないかと思います。

 相続や遺言についてのお悩みの方は、是非お近くの司法書士にご相談ください。

 

(セミナーの概要)

 

1.日  時  平成27年 7月11日(土) 13時00分〜16時00分

 

2.場  所  北九州市八幡西図書館

 

3.参加者  28名

 

4.個別相談  9件

 

5.運営員  司法書士11名

 

 

図書館セミナーでは、毎回、事前予約制で約30分の無料個別相談をセミナー後に開催しております。テーマに即したものでなくても結構ですので是非ご利用ください。

 

 

次回八幡西図書館での開催予定

平成27年11月28日(土)13時〜

 

テーマ 不動産売買のチェックポイントと空き家にまつわる諸問題

 

メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


事務局

〒810-0044

福岡市中央区六本松2-2-10-202

司法書士 藤田剛

TEL 

092-753-8438

FAX

092-753-8439

 

 

 

 

カテゴリ一覧

青年会活動報告